1/28こぎん刺しレッスン終わりました

私にとっても、初めてのレッスンをさせていただきました。

場所はPuu_cafeさんにて、きくらこ文様のストラップ作りです。

レッスン風景を撮る気満々でいたのに、やはりテンパッていたのか、すっかり忘れてしまいました。。(苦笑)

ご参加下さった皆さま全員が、完成できてとても嬉しいです。

布・糸は選んでいただくように数種類用意したのですが、皆さんシックなものを選ばれて、上品なストラップに出来上がったと思います。

3時間、レッスンにお付き合いいただき、ありがとうございます。

お疲れ様でした。

* ご参加下さった皆さまへ

レッスン内容・材料等に、何かご不明な点がありましたら、どうぞお気軽にメールにてお問い合わせくださいね。

kikurako@gmail.com

こぎん刺し がま口(赤)

赤いがま口を作りました。

最初に口金を見つけ、それに合わせて大きさ、形を決め、型紙を作ってみました。

いったん、別のこぎん文様や他の赤色の糸で刺してみたものの、しっくりこなかったので、納得いくまでやり直し、写真のような形、色になりました。

人に見せて評判が良ければ、色違いを作ってみようかと思います。

もしくは、形を変えたり文様を変えたり刺し方を変えたりして、もう少し試行錯誤するかも。

素材もデザインも腕も大事なので、これからも努力を続けます。

以上、久しぶりの作品紹介です。

2012年 お正月 京都・倉敷

あけましておめでとうございます。

年末年始は、夫と一緒に普通列車を乗り継いで、京都・倉敷を訪れました。

案の定、お休みしている所が多かったのですが、ひたすら気の向くままにあちこちを散策してました。

京都では、静かな住宅街の中にある、まだ紅葉が残っている川沿いの路地や哲学の小径を散策したり、知る人ぞ知る山の上にある古いお寺へ行ったり。

そんな感じに過ごしていたなか、夫が10年来の恩人に再会しました。

たまたま歩いていた通り沿いにあった、趣のある古民家のお店。

そのお店が夫の知人のお店でした。。

前日、帰国したばかりというので、一日早く通りを歩いても会えてなかったわけですから、やはり不思議な御縁があったのだと思う。

その方に、こぎん刺しのポーチを見せたら、「きれい、、アイヌ?」と言われ、やっぱり似てるよねと思ったり。

京都の帰りに立ち寄った倉敷では、素敵な草木染めの糸に出会え、創作意欲がメキメキと(笑)

草木染めは、淡くて優しい色味のものだと思いこんでいたので、深くてはっきりとした写真のような糸を見た時は、ちょっとしたカルチャーショックでした。。

今年の春には、倉敷意匠さんの直営店もいよいよ倉敷にできるそうなので、楽しみです。

せっかく、素敵な糸も入手できたことだし、今年はこぎんを刺して刺して刺しまくりたいと思っています。

こぎん刺しを通していろんな方と繋がっていきたい。

蟲文庫さんで「旅と本のコラム」という本を買いました。

読んでいると、旅から帰ったばかりですが、また旅に出たくなってきます(笑)

こぎんの材料を携えてね。。

今年もどうぞよろしくお願いします。