松本の街 その1

年末年始の3日間を松本で過ごしました。

大雪で大変な地方もあった中、松本にいる間は、有り難いことに天気には恵まれたので、デジカメ片手に街中をひたすら散策してました。

博物館・美術館や松本城といった観光名所が休業だったこともありますが。。

松本は四方を山に囲まれた場所なので、空気は澄んでいるのですが、風はきりっとして冷たいので防寒をしっかりして出かけました。

途中、開いてるカフェでお茶をしたり、通りがかった地元の神社に初詣をしたりとゆったりしてました。 趣のある建物が多く、たくさん写真を撮ってしまいました(笑)

ちょっとした建物探訪っぽくなりましたが、せっかくなので載せてみました。

まず、松本へは「特急あずさ」で。そして松本駅の看板。

街の中心には川が流れていて、橋がいくつもありました。そういう所がパリっぽいなと思ったり。。

次は中町通り。民芸の街だけあって、骨董品屋、陶器のお店、漆器店などが軒を並べてました。ただし、お正月なのでやはりお休みしている店が多かったですけど。。

マップに大正ロマンの街と書いてあった辺りの建物。。

旧松本高校。建物も素敵ですが、奥には公園があり、とても気持ちの良い場所でした。

旧開智学校校舎と旧松本カトリック教会司祭館。それと近くにあった樹木。

片倉工業。紡績工場のようです。。

その他の心惹かれた建物。

あまりにも写真が多いので、次ページでカフェや松本城(外観)など載せたいと思います。。