名曲喫茶

昨日、荻窪にある名曲喫茶ミニヨンに行ってきました。

ずっと気になっていて、何度もお店の前を通ってはいたのですが、なぜだかタイミングが合わず、入れないままでいました。

ですが昨日、初ミニヨンできました(笑)

お店はビルの2階にあります。入口のドアからは棚にずらりと並んだレコードが見えます。

店内は名曲喫茶らしく、少し薄暗く、グランドピアノが置かれていました。

やはり、一人で来てるお客がほとんど。

音楽に聴き入るというよりは、読書に耽っている方が多かったです。

思った通り、お店の中は懐古的な雰囲気。とても静かな時間が流れていました。。

そしてクラシック喫茶にしてはメニューが豊富で、ちょうどおなかがすいていたのでシナモントーストセットをいただきました。

シナモンのかかりっぷりはトーストの表面を覆うほど。。迫力あります(笑)

コンサートも時々あるようです。

他にも中央線沿いには、阿佐ヶ谷のヴィオロンや高円寺のネルケンなどの名曲喫茶があってどちらも雰囲気のある佇まいです。

今から5年程前ですが、一人でふらりとヴィオロンでお茶をして、レジでお会計をした時、ヴィオロンのご主人が声を掛けてくれたことがありました。

「今度、お店でSP盤のコンサートがあるので聴きにきませんか。」と少しはにかんだ笑顔で言われました(笑)

私は、頻繁にお店に行っていたわけでもなく、オーナーさんともお話をしたことも特になかったので、すこし驚きましたが、とても嬉しかったです。。

その時、何かすごく落ち込んでいて、声をかけてもらえたことに、とても救われたような気がしました。。

SP盤コンサートはとても不思議な雰囲気でした。お店の中央にある大きなスピーカー、蓄音機を前にして椅子が並べられていて、一曲ごとに解説してくれる女性の方がいて、来てるお客、皆がレコードに耳を傾けている感じです。

そして、レコードが替わるたびに、針をかえるなんて贅沢。。貴重な時間だなと思ったものです。

それからしばらく足遠くなってしまったけど、今では、定期的にSP盤コンサートをしているようなので、また機会があれば行ってみようかな。。

だけど、普通の営業日に行くのもいいんですよね。音楽に聴き入っているお客さんが手を動かして、指揮をしてたりする様子が見れたりして。。(笑)

そして最後に中野のクラシック。ここは私が初めて行った名曲喫茶です。

二十歳くらいの頃、知人に連れられて行ったので、だいぶ前のことですが。

だけど、2005年に惜しくも閉店してしまいました。。

最後に行った時は、かなり建物の老朽化が目立ってました。

でも今でも覚えてますよ、、メニューはコーヒー・紅茶(セイロン)・オレンジジュースの3種類のみで前払い制(笑)

1階席と2階席があって、吹き抜けになっていて、入口の横には、リクエスト曲を書く黒板があって、そしてやっぱり真ん中には古くて大きなスピーカー、蓄音機があって。。

そして、かかる曲には、必ずといっていいほどノイズがはいってて(笑)

とても懐かしい思い出です。